一般的な病院での診察の流れについてご紹介させて頂きます

病院に行く時は大抵が具合が悪い時。
それゆえ、頭が働かず、病院のシステムについていけないと感じる方も少なくありません。
そこで今日は一般的な病院での診察の流れについてご紹介をさせて頂きたいと思います。
流れその1。
受付をします。
受付に診察券、健康保険証を出します。
患者さんの中には古い診察券だからと持参されない方もいらっしゃいますが、カルテを探す時に役立ちますので持っていきましょう。
予約表がある場合、この時一緒に見せます。
場合によってはここで熱や血圧を測る場合もあり、初診の方は簡単な質問用紙に記入をすることもあります。
流れその2。
待合室で自分の名前が呼ばれるのを待ちます。
個人病院なら受付終了後、総合病院なら各診療科に移動した際、待ち時間の目安を聞いておくと安心です。
流れその3。
診察を受けます。
医師に出来るだけ詳しく症状を使えましょう。
時間経過と症状の変化を説明出来れば大丈夫です。
医師との会話が終わりましたら患部の診察にうつります。
この時、検査が必要と医師が判断した場合は、この後、検査が行われます。
検査の必要が無い場合は、医師から診断結果が伝えられます。
流れその4。
検査が無い方は会計へとうつります。
検査の必要のある方は検査室で検査を受けます。
担当のスタッフの方がいらっしゃいますので、指示に従います。
流れその5。
検査後、再び診察を受けます。
検査の結果次第で処置が必要だとなれば、このあと処置を処置室で受け、もう1度診察をうけます。
流れその5。
会計をします。
必要があれば一緒に次回の予約をとります。
流れその6。
病院内処方ならば病院でお薬を受け取ります。
病院外での処方なら、処方箋を持って薬局に行き、調合してもらいます。
以上が一般的な流れになります。
病院の方でその都度、しっかり案内はしてもらえすが、漠然とで結構ですので頭に入れておくとよろしいかと思います。

5キーワードで5,250円

プレミア切手をまとめて売るなら